オープラ!のアレとか

サイト オープラ! の舞台裏っつーか。そんなん。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
+何となく+ の状況を何となく
ARCHIVES
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ツンデレとアニキとわんぱく
アニキ(SAI)もボチボチ頑張っているし、
わんぱく(Oc)は微妙にバージョンアップするらしいし、
世の中は何だかペイントソフト群雄割拠、戦国時代ですな。

そんな最中、ニューカマー「開発者サンはツンデレだね!」と某巨大掲示板にて大評判(?)の
NekoPaint http://www2.tbb.t-com.ne.jp/neko_paint/
とやらを試してみる。

ぬこペイント
600dpi、B5サイズの画像も問題無しな上、SAIで実装予定の無いアンチエイリアスOFFのペン設定が有る!!
印刷設定のマンガ描くのにも使えるってワケだ!うひょー!!
シャープな描線です。
オープンキャンバス(及びコミックワークス)のペンがカブラペンなら、
NekoPaintはGペンと言ったトコロか?しかもアタリのペン先。
因みにコミスタは、なんつーか……別モノ。
コミスタのペン設定は……。マウスでも付けペン風味に出来る勢いのアレなので、本当に「別モノ」としか言い様が無い。
使用感を、アナログの道具に置き換えて表現する事が難しいのよね。
(あ。使用感はアナログに置き換えて表現出来ないケド、仕上がったモノはメチャクチャ付けペンチックですよ)
うーんと。同じ運搬するのにも、コミワクが取り回しの良い軽自動車なら、コミスタは出来の良すぎるでっかい高級車みたいな?
その位違うイメージなので、比較対象にならんのよ


何よりさや的にグッと来たのは、ツヤベタした時。
ワクもスタも、どういうペン設定してもツヤベタはスッゲーやり難かったのね。
ヌコは、単純にペンの太さ設定変えるだけでイイカンジに!
仕上がりはあんまりカワンネ!なのかもですが、作業中のストレスを比較するとかなりの軽減。

シェアウエアで二千円。
アタリのGペンと、筆ペン数本買うつもりで買ってもいいな。
とか言って本当に一番グっと来たのは、フォトショで言うトコロの手のひらツールがヌコの手ってトコロなのは、ちょっとナイショにとておきたいトコロ。
  ヌコの手!(;´Д`)ハァハァ

……つーか。こっちは買う気満々なのにさ。
開発元サイトさんにも、ソフトのreadme.txtにも、
料金の支払方法、支払い先等の記載が一切無いのですが。
どうしろと!?さっすがツンデレ!
「本当は、料金なんて欲しくないんだ、か……ら!フン!」(涙声)
って感じ?(;´Д`)ハァハァだよ、まったっく!

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.