オープラ!のアレとか

サイト オープラ! の舞台裏っつーか。そんなん。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
+何となく+ の状況を何となく
ARCHIVES
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
エロショタトーン
アイシースクリーン S-931 の事です。
エロショタトーンコレ。

レツゴでブイブイ遊んでいた時、IC S-931 が使い勝手が良い、
と話題にしたトコロ。
某様曰く「あぁ、エロショタトーンの事ね!」と。
主にほっぺやら膝小僧にあしらい、カワイラシサを演出。
更には、チクビやら朕子やら801穴にそっと添えてエロスを演出。
そういう使い方が定番のトーン、故「エロショタトーン」
ナイスネーミングでふ。

そして、こういう使い方を発想出来る皆様方に感服したものです。



エロ用途にも、ショタ用途にも使わなかったさやですが。
陰影の処理に使い勝手が良く、すごく重宝しておりました。
むしろ「コレ無いと何も描けねぇ!」って勢いで。
60L 10% のトーン位無くてはならないヤツでしたよ。

こうね。
うまーく重ねて、切って使うと、
あたかもフォトショ等でグレーのグラデを網点化した様になるんだよ。
そんなんをコツコツやるのが好きでした。
印刷物を一見したある子に
「エ?さやっぺさん、いつの間にパソコンを使う様になったの??」
と言われ、
「勝った!!!」と思ったモノでした。
……いったい、何に勝ったつもりだったのでしょうね……(笑)

今思うと、馬鹿な事やっていたな、と。

アナログ時代には「デジタルで処理した様な仕上がり」を求め、
デジタルに移行したらしたで「アナログで処理した様な仕上がり」を求める。
何とアンビバ。



おなご
コミスタのグラデツールで遊びながら、そんな事を思い出す。
たまにはオッパイだって描きたい。チクビにエロショタトーン貼りたいよ。そんな感じで。

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.