オープラ!のアレとか

サイト オープラ! の舞台裏っつーか。そんなん。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
+何となく+ の状況を何となく
ARCHIVES
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
鬼の様なモニタ解像度
またパソでのマンガ制作の話です。
すんまそん。


モニタ解像度とか、画像解像度とか、正直チンプンカンプンです。
そんなさやが語るな、ってな話なんですがね。

もっと鬼の様に高解像度のモニタ(しかも安価/笑)が有ればイイのにな、って話ですよ。
で、どの位鬼解像度モニタかと言うと。
現在使用モニタ(1280×1024px)から割り出した単純計算で
5倍有るとステキというトンデモな結果が(笑)

更に単純に考えて。今ココで表示されている文字やらアイコンやらが1/5になるって話なんだからな。豆粒アイコン!!!ギャフン!!!クリック出来ないよww
そんなモニタは普通に使えないよ(ホント、笑うしかない)

この5倍という数字は、原稿をモニタ表示させた時
原稿全体がウィンド内に何とか収まる表示倍率が1/5だったからなのね。
等倍表示
だから、単純に5倍の解像度なら、100%表示(ピクセル等倍表示)した時に原稿全体がモニタに収まるな、という発想。
そんなんだから、そもそも基本の考え方が間違っている可能性大。
正直良くワカラン。




マンガ作画の肝の一つは見開き時のバランスな訳で。
作画時、全体を(できれば見開きで)チェック出来ないとお話にならん部分も有る訳で。
そこがネックで、全過程パソコン作業移行に踏み切れないマンガ描きサンも多いのでは無いかしら??どうかな????



さや個人の場合ですが。
印刷前提のマンガ制作時、バランスチェックが一番しんどかった。
バランス見られる程縮小表示すると、ペン入れ無理無理!!!
って感じで。
結局、半分のサイズに縮小して、主にバランス重視で下書きまで。
ペン入れ直前に倍に拡大。
そうすりゃ、ペン入れ時にバランス意識しないで、線のキレイさ重視で描けるかな、というメンドクサイ作戦。
でも、結局モニタ上のチェックには限界が有り。
プリントアウトするとやっぱりバランスおかしな所が有る訳ね。
プリントアウトしたモノをモニタの横に置いて更に修正。
っつーややこしぃ事して辛うじて描いた訳です。
ややこしぃ事した割に、出来は……ってなもんだったので、けっこう泣くに泣けない。

そういうややこしぃ事したくないので。
ピクセル等倍表示時、原稿全体収まる解像度のモニタキボンヌなのね。
(だから、そんなモニタは普通に使えないだろう、と裏拳が痛くなる程に絶賛脳内ツッコミ中)

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.